ベビーコラーゲンを初めて聞いた時、肌に良さそうだなと思いました。
調べてみると、赤ちゃんの肌に多く含まれるコラーゲンを注入する美容整形の一つだとか。
ヒアルロン酸注射とそう変わらないのかなと思いました。
もっと調べると、ヒアルロン酸よりも肌に馴染みやすいそうで、目元の小じわにも効果が期待できるそう。
それに加えて、安全性も高いと言われているとか。
正直、美容整形に興味がないし、今はまだほうれい線とか小じわとか気にならないから今すぐにでもやりたいとは思わないけれど、このぐらいの美容整形だったらやっても良いかもと思いました。
もう少し歳を重ねて小じわが気になるようになって、いつものスキンケアでは追いつかなくなってきたら、ベビーコラーゲンのような美容整形も選択肢に入れてみようかなと思いました。

私自身コラーゲンの研究に携わっていたので、何種もあるコラーゲンの中から、一体どのコラーゲンを使用しているのかが気になりました。
調べると、胎児にもっとも多く含まれているlll型コラーゲンを使用していると知りました。
大人の肌は赤ちゃんの肌には少ないl型コラーゲンが多く含まれています。
また大人の肌と違って、赤ちゃんの肌は擦り傷や切り傷ができたとしても、傷跡が残りにくいです。
これにはlll型コラーゲンが関わっているのではないかと考えていました。
研究当時はこのコラーゲンをどう活かしたらいいのか思いつきませんでしたが、美容整形を通してlll型コラーゲン(ベビーコラーゲン)が役に立つことを知って、ただただ嬉しい気持ちでいっぱいです。

http://xn--sckb9gxa6fvczcc.xyz/